子どもに届けたい今日のひとこと

「むずかしいのは続けること」「やってみたこと、ためしたことが財産」など、
担任として、校長として子どもたちとのふれあいのなかで
学校生活から拾いあげたちょっといい話。
通信のネタ探しのヒントにもなります。

<ご利用にあたって>
以下の文章を通信に引用される場合は、文末にある出典(書名・著者名・出版社名)を明記して下さい。


対象学校だより・校長室だより

あなたがいてくれてよかったと言われる人になりたい。

 ○○っ子まつりの準備もいよいよ最終段階です。どのグループも6年生を中心に、出し物の作成に一生懸命です。
「Aさん、ここ教えて! どうやるの?」
「こうやるんだよ。こうすればできるでしょ」
「ありがとう」
「Aさん、この空き缶はどうするの?」 
「Aさん、できたけれど、次は何をやればいいの?」

 矢継ぎ早に6年生へ質問が浴びせかけられています。6年生の手が回らないのを見かねて、5年生のBさんが、「空き缶に色画用紙を巻いて…、絵を描いてもいいよ。折り紙で飾りをつけてもいいよ」

 4年生のCさんが、
「次は、この折り紙でツルを折ってね」
 縦割り班の友だち同士協力し合う姿に「あなたが いてくれて よかった」と支え合う心が見えました。

(『教師の願いを子どもに届ける今日の一言』武正光江著/学事出版より)


「子どもに届けたい今日のひとこと」バックナンバー

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス