前身である財団法人理想教育財団は、1984年に設立され、学校・家庭・地域社会全般にわたる心の通い合うコミュニケーションの確立を使命として、豊かな人間性涵養の基礎となるべき教育方法の探究と、 教育現場でのより良い情報伝達の追求を目的に活動してまいりました。
    新たに2011年4月1日より内閣府の認定を受け、公益財団法人理想教育財団としてスタートいたしました。

1976年 4月 任意団体「リソー学習指導方法研究会」設立
1979年 6月 リソー学習指導方法研究会を発展的に解消し、
任意団体「理想教育振興会」設立
1984年 12月 文部省の許可を得て「財団法人理想科学工業教育財団」設立
1996年 10月 文部省の許可を得て「財団法人理想教育財団」に名称変更
2011年 4月 内閣府の認定を受け「公益財団法人理想教育財団」を設立

  1. 1978年から2002年まで25回にわたり「手づくりの絵はがき」コンクールを開催。
  2. 1986年より毎年著名人を招いて講演会を開催。
  3. 1986年春にプリントメディアの研究誌「季刊理想」を創刊。年4回発行。
  4. 国内外の教育機関へ、デジタル印刷機、簡易多色印刷機、児童書等の寄贈助成を実施。
  5. 2004年より「育て!プリントコミュニケーションコンクール」を開催。
  6. 通信づくり講習会を各地で開催。