学級通信書き出し文例

■6月の学級通信書き出し文例

【文例1】

 運動場の端にあるビオトープの植物が生い茂り、たくさんのトンボが飛び交うようになりました。若草色のカエルや、ちいさなメダカたちが気持ちよさそうに泳いでいます。
 昨日、生き物の様子を見に行ったとき、ボランティアの方とお会いしました。「お昼休みに来ていた児童が、とても元気にあいさつして、手伝ってくれましたよ。先生のクラスの子どもたちですね」と言われました。
 学校は先生や職員以外に、地域の方や保護者の皆様に支えられています。いのちある生き物を大切にする気持ちと、お世話になっている人にあいさつができる君たちをほめられて、私はとてもうれしくなりました。

【文例2】

 席替えをした朝の教室には、クラスの中に新鮮な空気が生まれていましたね。隣の人に元気に「おはよう」と声をかけましたか?
 実は5月の連休明けから、「先生、席替えして」と言う生徒もいましたが、「名前を覚えるために、中間のテスト返却まで今の席で」と、教科の先生からリクエストがあって、様子をみていました。
 先週の学級会で正式な議題となって、皆が納得する席替えの方法を話し合いました。くじ引きで決めた座席です。班も新しいメンバーに一新です。勉強、給食や掃除当番でも仲良く協力して活動していきましょう。

【文例3】

 6月の第3日曜日は何の日? わが家でも、すっかり「母の日」に隠れた存在になっている「父の日」ですね。「母の日」と同じようにアメリカからの輸入品です。「母の日」よりも後からできたので、「隠れた存在」でも仕方ないかもしれません。でも一年に一度くらい、日なたの存在としてのお父さんに一声かけてもいいですよね。バラの花なんていりません。「お父さん(パパ)、お疲れ!」で十分です。ちなみに某社の調査によると、子どもから欲しいものを父親に聞いたところ、「手紙・メッセージ」が最も多く、「お酒」「肩たたき・マッサージ(券)」「似顔絵」と続いたそうです。

【文例4】

 ぞくぞくと中間試験の答案が返ってきています。一喜一憂していますが、この時期には、よくこんな質問をされるのです。「なんで勉強するの?」って。この答えが一つであるはずないよね。だから今日の学級活動では、このテーマで話し合いをしてみましょう。試験結果を振り返る、いい機会になると思います。そこで、その手がかりになるような一文をここで紹介しておきます。
「それは〈自由〉になるためです」「〈自由〉に生きるためには、そのための『力』がいる。その『力』をつけるために、わたしたちは勉強しているのです」/苫野一徳著『勉強するのは何のため?—僕らの「答え」のつくり方』日本評論社

【文例5】

 6月になりました。4日は「虫歯予防デー」、この日から10日まで「歯の衛生週間」です。このクラスにも歯科検診で虫歯が見つかった人がいましたね。もう治療はすみましたか。10日は「時の記念日」、1920年に欧米を見習って「時間を大切にする意識」を広めるために設けられた記念日です。そして、第3日曜日(今年は19日)は「父の日」です。
 カレンダーを見てみると、10日は「入梅」、うっとうしい季節がやってきます。今年はいつ頃梅雨入りするでしょうか。そして21日が「夏至」、いよいよ夏が近づいてきます。
 国民の祝日がなかった8月に「山の日」という祝日ができ、気がつけば、祝日がないのは6月だけに……。

【文例6】

 桜の季節が過ぎ、サツキも終わり、アジサイの花が色づく時季になりました。梅雨入りが気になる今日この頃です。
 春の大会や発表会が終わり、多くの人が部活を引退しました。野球部、ラグビー部、サッカー部、そして吹奏楽部を残すだけです。数部でしたが、最後の公式戦の応援に行きました。マネージャーを含め、それぞれの頑張りを目にしました。勝敗や結果には関係なく、胸を張って引退してほしいと思います。
 これで進路に向けて、勉強に専念できる環境が整いました。第一は目標突破ですが、集中して勉強することや意志をもって自身をコントロールすることは成長の糧になります。スパッと切り替えてください。

【文例7】

 中間試験の結果がでました。今日の学級通信は、その「まとめ」特集です。
 あらためて思うのは、勉強に王道はないということ。 やはり地道に努力を積み上げてきた人にだけ道は開けるのですね。 それがどんなに小さな努力の毎日であっても、です。
 結果を見て、「野球部やめなきゃな」とか「とりあえず塾に行けばいいか」とか言っているきみ。まずは明日の授業から集中。そう、ツーアウト・満塁のときのバッターのように。そして、自分が今日から塾長になった気持ちで期末試験までの勉強計画を自主的に作成してみよう。
 今日が、新しいスタートです。

【文例8】

 6月10日は「時の記念日」。
 なんと、大正9年に定められもので、「時間を守る」をスローガンとして始められたそうです。でも、現在では「過去と未来」という時の尊さに想いを馳せる日、そんな深読みもできるでしょう。 ということで、今月は次のような2つのスローガンを掲げて、それを考えていく1カ月にしましょう。
 ●「過去の時間」を振り返り、その使い方を見直そう
 ●「未来の時間」を想い、それぞれの将来の姿について多くの人たちと語り合おう

(担任学研究会)

【書き出し文例メニュー】
学級通信の書き出し文例 トップ
4月の文例5月の文例6月の文例
7月の文例8月の文例9月の文例
10月の文例11月の文例NEW12月の文例
1月の文例2月の文例3月の文例

【書き出し文例月別内容一覧】

文例1文例2文例3文例4文例5文例6文例7文例8
4月4月新学年スタート金魚鉢の法則新担任の最初の言葉春眠暁を覚えす新たに進む道に「おめでとう」係・委員決め児童生徒を成長させるための3つ健康診断
5月ゴールデンウィークの祝日の意味5月の遠足五月雨と五月晴れ遠足の感想作文連休明けと生活リズム母の日連休明けの力のこもった学級通信遅刻欠席0で元気に
6月ビオトープ、挨拶席替え後の教室父の日「なぜ勉強するの」の話し合い学級活動虫歯予防デー、入梅、夏至、etc部活引退して勉強に専念中間試験の結果、まとめ時の記念日、過去、末来
7月面談週間の連絡「海の教室」の準備など七夕の短冊、進路実現猛暑と健康の自己管理栄養土からの手紙梅雨明けlO日の話題七夕、ベガとアルタイル夏休中の生活など
8月夏休中の体調管理に注意お盆関連の各地の話題夏休中の宿題や部活動等8月11日山の日リオオリンピックで寝不足?夏の健康に良い栄養素ビタミンB12学期の授業楽しみに残暑見舞い
9月運動会のルーツなどの話題学校プールって珍しい?サンマとDHAと成績アップ台風とその備え 夏休中の宿題、整理、成長の確認9月9日重陽の節句9月のお月見、上を向いて夏休み明け、規則正しい生活を
10月運動会ハロウィン衣替えスポーツの秋読書の秋旬の食材交通安全教室合唱コンクール後の学級経営
11月紅葉狩り寒さと体調管理勤労感謝 立冬風邪の予防七五三と成長持久走社会科見学・校外学習
12月冬至とカボチャ 1年間の振り返り師走と交通事故 大掃除と新年の目標机の整理と期末試験勉強「やることリスト」で達成感
1月年賀状新年の目標 1年の先の目標も七草粥3学期の計画受験の実力
2月花粉症建国配念の日 バレンタインデーインフルエンザ節分と豆まき節分と豆まき計画と進路実現
3月防災意識お世話になった人への感謝整理整頓で新年度への準備季節の変化学級通信と成長 卒業式と涙の意味

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

理想はがき新聞グラフィックス

平成30年度教育シンポジウムin高知

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス