学級通信書き出し文例

■12月の学級通信書き出し文例

【文例1】生徒会選挙

 先日、行われた生徒会選挙は、どの候補者もすばらしい演説でした。また毎朝、元気な声で選挙活動をしている姿は、とっても立派でしたね。選挙後、素敵だなと思う場面がありました。2名の立候補者がお互いの応援団とともに「おめでとう。頑張ったね」と握手をして健闘をたたえ合っていました。
 スポーツの話になりますが、ラグビーには「ノーサイド」という精神があります。試合終了の時の笛のことで、試合が終われば敵と味方の区別がなくなり、お互い仲間であるという意味だそうです。何事においても、結果だけにこだわらず、相手を尊重する姿勢はすばらしいですね。

【文例2】終業式

 本格的な冬の訪れとともに、2学期も今日で最後の日となりました。振り返ってみたところ、4月に1組のみんなと自己紹介をしてから、今日までの日数は約150日なんです。時の流れの早さを感じてしまいます。
 ちなみに150日といえば、松尾芭蕉が東北を旅した日数も同じ150日です。紀行文の『奥の細道』は有名ですね。芭蕉は東北各地で多くの「名句」を残しましたが、1組のHRでもたくさんの「名言」が出たことを覚えていますか。
 今回は今学期の「名言」をまとめて教室に掲示してみましたので、思い出を振り返ってみてくださいね。

【文例3】

 クリスマスの季節がやってきました。最近は海外からやってきた習慣のほうがなじみ深くなりつつありますが、日本ならではの習慣も忘れてはいけません。年によって変わりますが、12月の22日頃を冬至(とうじ)と言います。1年でいちばん昼の時間が短い日のことです。冬至の日にはカボチャを食べ、お風呂に柚子(ゆず)を入れると良いといわれています。どちらも冬の体調管理を考えた習慣で、風邪の予防に最適です。

【文例4】

 今年最後の月になりました。この機会に1年間を振り返ってみませんか。楽しかったこと、苦しかったこと、さまざまな思い出が浮かび上がってくるでしょう。「終わりよければすべて良し」という言葉がありますが、12月を気持ちよく終えることは、この1年を良い年であったと締めくくることにつながります。そのためには2つのことをやっておきましょう。1つは2017年に「できたこと」と「できなかったこと」を書き出すこと。もう1つは2018年に「やってみたいこと」を書き出すことです。もちろんすべてが実現できるわけではありませんが、行く年を振り返り、来る年の目標を立てることで、有意義な1年を迎えられます。ぜひ取り組んでみましょう。

【文例5】

 12月に入り、今年も残すところ1カ月となりました。昔から日本では12月を師走(しわす)と呼びます。師走とは、師(お寺のお坊さん)が経をあげるために忙しく走り回る姿から発生したという説が有名です。しかし、忙しく走り回るのは、お坊さんだけではありません。「大掃除」「年賀状作り」「お正月の準備」など、誰もが忙しくなるのがこの時期です。また、日暮れが早くなるのも、この時期です。
 そこで、皆さんに気を付けてほしいのが「交通事故」です。ある新聞社の調査によると、一年を通して交通事故が最も多くなるのが10月から12月の間とか。理由は、日が出ている時間も短くなるうえ、年末に向かって気ぜわしくなるためだそうです。暗くなる前に家に帰るよう心がけたり、暗い中でも目立つように反射材を身につけたりして、事故防止に努めましょう。

【文例6】

 2016年が終わろうとしています。皆さんにとって、今年はどんな年でしたか? 新年を迎える前に、しっかりと「振り返り」を行うことが大切です。「なぜ成功したのかな?」「なぜ失敗したのか?」とその原因を考えることで、同じ失敗はしなくなるでしょうし、成功する確率は高まります。
 先生の12月の恒例行事は、大掃除と振り返りです。大掃除をしながら頭の中で一年間を振り返って、その後、考えたことを紙に書き出して成果と課題を整理するようにしています。そうすることで、自然と来年の目標も見えてきます。がむしゃらに前に突き進んでいくことも大事な時はありますが、一度立ち止まり「振り返り」を行うことも必要なのです。12月はそれを行う絶好の機会です。

【文例7】

 12月になり、今年のカレンダーも残り一枚となりました。
 みなさんは月替わりの時、いつカレンダーをめくりますか。この教室のカレンダーはいつも気づくと新しい月に替わっています。クラスの中の気が利く誰かさんがめくってくれているようですよ。わが家では、次の月の2日くらい前にめくっているので、家族には早すぎると文句を言われています。
 さて、新しい年を迎える前に、身のまわりの掃除をしませんか。来週から期末考査が始まります。まずは、机の上をきれいにして頭の中もすっきりさせて、勉強に集中しましょう。

【文例8】

 12月を師走(しわす)と言い、諸説ありますが、「昔は年末に僧侶がお経をあげるため、家々を忙しく走り回った」という語源が知られています。現代人も、年末になると何かとあわただしくなりますよね。どうして12月はそんなに忙しいのでしょうか。「やるべきこと」があっても「後でやろう」「明日でいいや」などと先送りにしていたら、年末を迎えてしまったということでしょうか。
 そこで、私から提案があります。12月末に後悔しないために「やることリスト」を作ってみましょう。勉強、掃除だけでなく、友だちとの遊びの予定や家族との約束など、とにかくやることをすべて書き出してみてください。そして、終わったことからひとつずつ消していきます。私はこの方法で、仕事や家事に取り組んでいます。いつも終わって消すときは達成感で嬉しくなります。ぜひ、試してみてください。

(担任学研究会)

【書き出し文例メニュー】
学級通信の書き出し文例 トップ
4月の文例5月の文例6月の文例
7月の文例8月の文例9月の文例
10月の文例11月の文例12月の文例
1月の文例NEW2月の文例3月の文例

【書き出し文例月別内容一覧】

4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月


1
4月新学年スタートゴールデンウィークの祝日の意味ビオトープ、挨拶面談週間の連絡夏休中の体調管理に注意運動会のルーツなどの話題交通安全教室持久走生徒会選挙今年やりたいことは?NEW花粉症防災意識


2
金魚鉢の法則5月の遠足席替え後の教室「海の教室」の準備などお盆関連の各地の話題学校プールって珍しい?合唱コンクール後の学級経営社会科見学・校外学習終業式お年玉の由来NEW建国配念の日お世話になった人への感謝


3
新担任の最初の言葉五月雨と五月晴れ父の日七夕の短冊、進路実現夏休中の宿題や部活動等サンマとDHAと成績アップ運動会紅葉狩り冬至とカボチャ年賀状バレンタインデー整理整頓で新年度への準備


4
春眠暁を覚えす遠足の感想作文「なぜ勉強するの」の話し合い学級活動猛暑と健康の自己管理8月11日山の日台風とその備えハロウィン寒さと体調管理1年間の振り返り新年の目標インフルエンザ季節の変化


5
新たに進む道に「おめでとう」連休明けと生活リズム虫歯予防デー、入梅、夏至、etc栄養土からの手紙リオオリンピックで寝不足?夏休中の宿題、整理、成長の確認衣替え勤労感謝師走と交通事故1年の先の目標も節分と豆まき学級通信と成長


6
係・委員決め母の日部活引退して勉強に専念梅雨明けlO日の話題夏の健康に良い栄養素ビタミンB19月9日重陽の節句スポーツの秋立冬大掃除と新年の目標七草粥節分と豆まき計画と進路実現卒業式と涙の意味


7
児童生徒を成長させるための3つ連休明けの力のこもった学級通信中間試験の結果、まとめ七夕、ベガとアルタイル2学期の授業楽しみに9月のお月見、上を向いて読書の秋風邪の予防机の整理と期末試験勉強3学期の計画


8
健康診断遅刻欠席0で元気に時の記念日、過去、末来夏休中の生活など残暑見舞い夏休み明け、規則正しい生活を旬の食材七五三と成長「やることリスト」で達成感受験の実力

プリントコミュニケーションひろば

はがき新聞をつくろう

平成29年度実践報告書ご提出のお願いとはがき新聞ご利用継続のご確認

プリントメディアの研究情報誌「季刊理想」

助成物品のご案内

第10回理想教育財団教育フォーラム

理想はがき新聞グラフィックス

理想教育財団について

通信づくりの知恵袋

新聞入門ナビ

2色プリントの研究

無料冊子プレゼント

財団だより

トピックス